リウマチの症状|関節リウマチについてもっと勉強しよう
ロゴ

リウマチ情報局

初期段階ですぐに対処するために症状を知ろう

リウマチの症状

女医

典型的な特徴

リウマチの症状のわかりやすい症状は、朝に関節のこわばりを感じることです。この症状は時に典型的なので、リウマチだと気づく方も多くいるのではないでしょうか。

熱くなる

こわばりを感じる症状の次には、関節に熱が溜まっているような感覚になります。熱さが悪化した場合、まれに赤く腫れたような状態になります。その時、関節を動かすと痛みを感じるようになるでしょう。この関節の痛みは次第に広がる可能性が高いです。

液が溜まる

関節に熱を感じて、炎症がだんだんと悪化していくと関節部分に液が溜まる現象がおきます。関節水腫と言って、ヒザなどにこの症状が出た場合、腫れやふくらみが出てきます。

変形が起こる

リウマチが進行していくと、関節が変形していく特徴があります。それは関節の炎症を繰り返したことにより、壊れていくからです。筋肉の萎縮といった症状が出てくるので変形していくと言われています。そのため、初期症状を発見したら放置せずに、一度病院へ行くことを推奨します。世田谷にもリウマチの治療を行なっている病院があるので訪れましょう。