病気の進行とは|関節リウマチについてもっと勉強しよう
ロゴ

リウマチ情報局

少しでも気になったら放置しないで確かめよう!

病気の進行とは

病院

進行スピード

リウマチの進行スピードの特徴は、スローな進行です。だからこそ早期発見をしたらすぐに病院へ相談をすることが解決策につながるのです。関節の違和感だけでなく、だるさや食欲不振などの症状も見られるので注意して見極めましょう。リウマチはスロー進行ですが、最終的には全身の関節へ広がっていきます。

早めの受診がカギとなる

最近ではリウマチの症状に早くに気づいて、対処を行うことが治療に大きな効果をもたらせています。それは早めの治療を病院で受けることによって、関節痛で悩まされていた方々も症状が軽くなるからです。早い段階で進行を抑えるためには、やはり世田谷などリウマチ治療を行なっている病院を受診することが大切です。

小さな疑問でも解決していこう

リウマチの症状は、わかりやすいので症状については知られていることが多いでしょう。しかし、意外と知らない疑問が沢山あります。かかってしまう人が多い病気だからこそ、小さな疑問も逃さずに学ぶことが大切です。

気になるリウマチのこと

リウマチになりやすい年代があるの?

一般的に、約30代から50歳の方がリウマチになりやすいと考えられているようです。最もリウマチの可能性が多くなるのが40歳です。それでも、他の年代でリウマチになる可能性は充分あります。

リウマチの患者数を教えて下さい。

日本においては、リウマチ患者数は約70万人だと予想されています。そのため、少しでも進行を抑えて治療をするためにも早期発見が大切だと言えるでしょう。

リウマチは女性がなりやすい病気?

いいえ、そんなことはありません。確かに割合的にはリウマチ患者数は女性の方が多いです。しかし全体の2割近くは男性がリウマチを発症しています。

喫煙で悪化するって本当ですか?

はい。リウマチの症状を悪化させる要因として喫煙は対象となります。そのため、喫煙者の方はリウマチ治療に専念するためにも禁煙をする方が望ましいとされているでしょう。